Pythonの開発環境設定、初心者がインストールすべきアプリ

Python を始めようとして
入門書を参考にしながら開発環境を設定してて
既に始める前に躓いてしまう人は少なくなかろう

自分は『動かして学ぶ!Python Django 開発入門』の表紙に
「Webアプリ」とあったのでこれにしたが・・・

最初にこれで始めたのはハードル上げ過ぎだったw

開発環境設定=始める前の段階でインストールするモノが多く
その合間にも仮想環境設定、GitHubのアカウント作成と
黙々とインストール&設定してって
仕舞いにエラーが出た時には泣きが入った

ちなみにインストールしたのは以下

  • Python(Python本体)
  • Django(Pythonのライブラリ)
  • PyCharm(Python特化エディタ?)
  • PostgreSQL(データベース)
  • Sourcetree(プログラムのVersion管理?)

どのアプリが何なのかはカッコ内のような認識でいたのだが
要するに「?」が付くような曖昧な部分があるまま
おっかなびっくり作業を進めてたので
エラーになったのも意外ではなかったのだった

その後、何冊も入門書を手にするほどに
書籍毎にインストールするアプリが違ってて
同じでもVersionが違ったりで
開発環境設定に躓いてる初心者にとっては
どれがどれやら混乱を招くばかりだ

既にPython本体をインストールせず
Anaconda とか Ubuntu をインストールしたら
そこに付いてくるなんてのもあり
Python+エディタという組み合わせだけ見ても
以下のように様々で困惑するのだった

Ubuntu(Python同梱)+Visual Studio Code(エディタ)
Anaconda(Pythonディストリビューション)+Spyder(エディタ)
Anaconda(Pythonディストリビューション)+Jupyter Notebook(エディタ)
Python(本体)+Visual Studio Code(エディタ)
Python(本体)+IDLE(エディタ)

Continued on next page

Pythonの開発環境設定、初心者がインストールすべきアプリ
トップへ戻る