コンテンツへスキップ

続々・Windows Live MailからThunderbirdへ

メールソフトを使うのに必須なのは
A:メールアカウント設定で
メールアドレス、アカウント名、パスワード
送受信の仕方とサーバ名などの情報一式で
これが欠けてたり間違ってたりすると
メールソフトにエラーを返されてしまい
当たり前だがメールの送受信が出来ナイ

換言すれば
A:メールアカウント設定さえ
ちゃんと出来れば
とりあえずメールの送受信が可能だ

ファイル⇒電子メールのエクスポート⇒アカウント

Windows Live Mail

アカウントの一覧から
1つ1つ選択しては[エクスポート]ボタン

Windows Live Mail

まとめてできなくて
ちとメンドウだが・・・^^;

しかしメールサーバに
元々どんな設定をしてるかによって
過去のメールがどれだけメールサーバに残ってて
新しいメールソフトにどれだけダウンロードできるかは
一概には言えなくて
自分の場合は5日分しか残しておらず
人によっては全てのメールを残してたり
逆にメールソフトで削除したら
サーバからも削除する設定なんてのもあり

全てのメールをサーバに残す設定にしてなければ
B:過去のメールのデータは
現在使ってるメールソフトによって
ローカルのどこかに保存されてるので
これをエクスポートして
新しいメールソフトにインポートする必要がある

そして自分は余り活用してナイが
C:アドレス帳のデータや
D:スケジュールのデータも
やはり使用中のメールソフトから
新規メールソフトに移行する必要がある

このブログでは順不同になったが
A:メールアカウント設定(上記参照)と
B:過去のメールのデータ
現行メールソフトWindows Live Mailから
既にエクスポート出来た

あとはちょっと使ってた形跡があるので
C:アドレス帳のデータも
一応、取り出してみるるる~

一番下にある5つのアイコンから
真ん中のアドレス帳を開いて・・・

右上の方にある[エクスポート]から
形式(拡張子)を選択

Windows Live Mail

右上の方にある[エクスポート]から
形式(拡張子)を選択

Windows Live Mail

これでWindows Live Mailから
全てのデータのエクスポートが出来たので
次はThunderbirdにこれらをインポートするるる~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です