コンテンツへスキップ

さて
いよいよThunderbirdを立ち上げて
データのインポート!

三本線のメニューを開いて
ツール⇒設定とデータのインポート

Thunderbird

設定を選んで・・・

Thunderbird

Windows Live Mailを選んで[次へ]

Thunderbird

この次はインポートすべきファイルを
選ぶ操作画面になるはずだと待ってると・・・

「Windows Live Mailの設定が正常にインポートされました」

いきなりそんな表示が出て来て
一見、画面的には何も入ってなさそうに見えても
パスワードを求められるので
どうやら同じPC内だと勝手に設定ファイルを探して
インポートしてくれるのだと理解

そしてセキュリティ的に
パスワードを求めてくる仕様なのだな^^;

いや、そうでなく・・・
新しいPCに移行する場合はどうするのか
実験中なのだよ><

別のPCでやり直しだな・・・

Thunderbirdをインストールしたら
以前、試しに入れた時のアカウント設定が残ってて
反映されてしまったので
そのアカウント設定を削除して
まっさらな状態になってるはずのThunderbirdに
Windows Live Mailからの
アカウント設定とローカルのデータを
まるごと移行する準備が整った

ちなみにメールサーバは
受信メールを5日間残す設定になってて
サーバに残ってる5日分のメールは
ウェブメールアプリでも
ローカルのメールソフトでも
アカウント設定だけすれば
受信できるるる~

しかしそれ以前のメールは
常駐メールソフトのローカルデータにあって
そこから取り出すしかナイのだが
自分の場合は常駐メールソフトが
Windows Live Mailなのだ

実はとっくにサポートが終了してるが
エラーも出ずに使えてるので
むしろどこまで使い続けられるか
チャレンジしたいような・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

いや、セキュリティ的にも
最新のThunderbirdに移行せねばだ!

だって時代は令和だし!!

作業の概要は・・・

1.Windows Live Mailからのデータのエクスポート

2.Thunderbirdへのデータのインポート

以上

It's all so simple
But it's easier said than done
Yes, it's all so simple
But it's easier said than done

と、脳内でRon Keelが歌ってる通り
そんな簡単にはいかんて・・・

まあ1.のWindows Live Mailからの
データのエクスポートに関しては何度かやってて・・・

ファイル⇒電子メールのエクスポート

Windows Live Mail

[電子メールメッセージ]を開いて・・・

Windows Live Mail

Windows Live Mailの方を選択して・・・

Windows Live Mail

データを一時保管するフォルダを選択して・・・

Windows Live Mail

すべてのフォルダーを選択して
[次へ]でエクスポートが始まるるる~

Windows Live Mail

しかしエクスポートが始まってから
迷惑メールやごみ箱の中身は要らんと気付き
一旦キャンセルして不要なメールを
削除しまくる作業をしてから
再度、エクスポートw

タイトル通りの作業をするのに
まずThunderbirdをインストール

Thunderbird

https://www.thunderbird.net/ja/から
最新Ver.をダウンロードしてきて・・・

Thunderbird

ダブルクリックで開くとインストールが始まるるる~

Thunderbird

Thunderbird

Thunderbird

Thunderbird

Thunderbird

インストールが完了したら開いてみると
アンインストール前のアカウント設定が残ってたらしく
サーバから受信しちゃってた><

いや、今回はそれじゃダメなんだ~!

現在使用中のWindows Live Mailから
アカウント設定はもちろんだが
ローカルにダウンロードしたメールも含めて
まるごと移行がしたいのだから!!

Thunderbird

てなワケでアカウントを削除するるる~

Thunderbird

再起動してみると・・・

Thunderbird

とりあえずアカウント名やメールアドレスは
表示されなくなった