コンテンツへスキップ

ここまでの課題をこなすのに・・・

1、PHPの本6冊のその課題の部分だけ
次々と読んでは
気付いたりしたコトをメモ(紙)

2、最も課題に適してるプログラムを選んで
実際にテスト

3、上手くいったら
その経過、コード、表示画面を
ブログにアップ

と、そんな手順で進めてたが
クッキーとセッションについては
最も初心者用と思われる
「誰もがあきらめずにすむPHP超入門」と

誰もがあきらめずにすむPHP超入門

自分から見ると最も難易度が高く感じる
「はじめてのPHPプロフェッショナル開発」には

はじめてのPHPプロフェッショナル開発 PHP7対応

なんと該当ページが無かった!!

でもセッションはログイン認証には必須なので
ログイン認証の項目を探すと
「~超入門」では最後に
「なんちゃってSNS」を作成する項目があるも
確かにログイン認証をしてはおらず
SNSってか、要はBBSだったw

そして「~プロフェッショナル開発」の方は
CakePHPのAuthコンポーネントを使って
ログイン画面の実装をしてた!

個人的にCakePHPはもう古いと思ってたので
最新の(2019年3月に出てる)
最も難易度高い(と感じる)教則本に載ってるってのは
度肝を抜かれた^^;

CakePHPやLaravelなんかを使った方が
セキュリティ的にも良さそうだけど
それやっちゃうとPEARに頼ってた時と同じで
PHP自体がおざなりになる気がするので
フレームワークやライブラリ使わず
実装していこうかと・・・

クッキーとセッションについては
たまたま続けて以下の書籍のコードを
使用ってか、参考にしたので
ログイン認証もこの本の通りにやってみよう^^

PHPしっかり入門教室

p221にある通りに
MySQLにmembersテーブルを作成

この後、今までの自分流のやり方だと
データベースにテストアカウントを直に登録して
いきなりlogin.phpを作成して
一先ず、ログインできるか確かめてたのだが
今回はその前に設定ファイルや関数ファイルを用意

設定ファイルconfig.php(p223)

define('定数', '設定した値');ってのは
XOOPSで表示名を変更するのに弄ったわ、なるほどね

そして関数ファイルときたら
function.phpだと決めつけて
そう名前をつけた空ファイルを用意して
次のページ(p224)へ進んだら
なんと2つのファイルに分けて使うってコトで
db_helper.phpとextra_helper.phpだった・・・バタリ ゙〓■●゙

で、次こそlogin.phpかと思いきや
signup.php・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

長くなり過ぎるから続きは次回だ