コンテンツへスキップ

ハンドメイドの販売サイトに登録してて
実際に売買を行えてるなら
そのクリエイターさんは
WordPressでの更新もできるだろう

でもドメインをとって
サーバを契約して
サーバの初期設定をして
WordPressをインストールして
サイトを構築するまでの過程となると
敷居は高いかもしれナイ

自分なら
サーバの初期設定から
WordPressのインストールまでで
せいぜい数時間だし
サイトに必要なロゴ画像などが揃ってれば
更に数時間ほどで
とりあえずのサイトを公開できるるる~

逆に言えば
最初からコンテンツを盛り込むとしても
WordPressさえ使えれば
どんなに時間をかけようとしたって
運営し始めるまでは数日だろう

これで数ページなら1万円とか
10ページくらいでもせいぜい数万円とか
カートの設置補助なんかしても
せいぜい5万円くらいで
プラス、ロゴ画像やアイコンを
別料金でもらうとかで
クリエイター専門でサイト制作する仕事を
将来的にはやっていこうかなんて
ぼんやり考えてた

なぜクリエイターなのかって
きっとコンテンツ満載だろうから
サイトのデザイン自体は意外とシンプルでOKで
テーマのテンプレートの簡素なのを
そのまま使えば良さそうだと思ったからだ^^

しかし、実際に着手をし始めたら
最初にサイト全体のテーマのテンプレートを
選択するトコロで躓いた・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

まさかの1番最初の部分で
こんなに延々と時間がかかるとは・・・バタリ ゙〓■●゙

デザインやレイアウトに拘りがあって
しかもそれが一般的な作りではなかったのだ

近いだろうテーマのテンプレートを選んで
管理画面の簡易カスタマイズツールから
できる範囲で寄せてみても
完璧ではなければNGだ

NGになった箇所は
簡易カスタマイズ可能な範囲を超えてるので
コアな部分を弄らなくてはならなくて
そうなるとフツーにHTMLでサイトを作成してれば
1時間もかからぬ作業でも
丸1日かけて取り組まなくてはならなかったりで
場合によってはもっとかかるかもしれず
果てしなく時間を食うし
手間はかかりまくるw

しかもそれが見栄えだけでなく
動作にまで及んでるとなると
別途、ローカルでテストサイトを構築しておいて
動作確認してからアップする必要もあって
時間も手間も気が遠くなるほどかかってしまうのだ

デザインに絶対的な拘りが無ければ
あっても規格内であれば
こちらで要望に近いテーマを3つくらい探して
どれかに決めてもらえたら
ハイ、出来上がり♪・・・なんだけど^^;

まあクリエイターさんというのは
独特の世界観があってこそなのだろうから
これと決めたデザインしか受け入れられナイのだろうし
それが規格外なのもクリエイターさんらしいwww

そこにどう対処してくべきかは
当初、WordPressのテーマの限界を超えるのも
面白いし、ありかもと思ってた

だがしかし
更新が必須と思われる作品一覧ページの表示の仕方が
WordPressでやるとしたら
プラグインを自作するしかなさそうで
そこまでやるのはどうかと迷いが生じた

いや、むしろそこまで無理してWordPress使わなくても
HTMLで1ページづつ作った方が断然速いし
更新に関しては部分的に
例えば、画像アップとかに特化して
WordPressに頼って
HTMLページとは分けて使った方が
良いような気がしてきた

ギャラリーのデフォルト機能でも
思った以上に色々できるけど
それでもサムネイルのサイズは統一されるし
サムネイル同士の間隔は狭いか殆ど無いレベルで
プラグインでも無料の場合
きちんと並ぶのはむしろ保証しよう

それを間隔を空けて
サイズもランダムに表示するって
要するにきちんと表示する機能に対して
バラバラに表示されるように弄るってのは
なんだかな~><

でもこういう時につくづく
自分は奔放なクリエイターには向いてなくて
生真面目にサイトを作る側の人間なんだと
深く頷いちゃうワケだけどね^^;

とにかくWordPressを
そのまま表示に使うのは止めた!

一つ下のディレクトリに入れ直して
ページはHTML5でベタに1ページづつ作成して
データベースからデータだけ拾って
表示するようにしようかと!!

トップディレクトリより1つ下のディレクトリに
WordPressをインストールしといても
設定を変更すればトップディレクトリからでも
WordPressの直接表示もできるし
とにかくWordPressをインストールするのは
とりあえずトップディレクトリでなく
1つ下のディレクトリにすべきだと学んだ
その方が融通が利くからね

個人サイトの作成に必要最低限の要素って
一昔前までは以下のようなモノだった

  • タイトル
  • キャッチコピー
  • トップ画像
  • ロゴ画像
  • プロフィールページ
  • メニュー別コンテンツページ

そもそもサイトを作成するのは
メニュー別コンテンツページを作るのが目的なので
他の要素はそれに付随する情報でしかナイ

でもSNS全盛時代になってみれば
肝心のコンテンツが無くても
個人のSNSのまとめページのような作りで
成り立つようになった気がするるる~

まあかく言う自分もそうしてる一人だがねw

いや、自分のサイトの場合は
特異的なコンテンツのサイトがメインで
ググってヒットしたから見に来てるって人が多く
SNSで身内中心に宣伝したトコロで
一般的に誰もが読みたいような記事でもなく
個人サイトのトップページには
一応、Twitter(アメブロ更新情報)を表示してるが
SNSでのリアルな繋がりは
むしろ自分の趣味の世界とはかけ離れてるので
Facebookやmixiはリンクしておらず

とにかく個人ブログが一般的になる前は
個人サイトはコンテンツありきで
1ページづつコツコツ制作してって
ある程度の読み応えのあるページ数になってから
やっと公開して
以降、せっせとコンテンツを更新するのみだった

でも今はコンテンツ中心のブログもあるが
個人の日記的ブログになってるので
もれなく特異的な単語が含まれてナイ記事には
ググってヒットするワケもなく
そうなると宣伝のためのSNSは必須だし
Instagramなんかは
それ自体がメインコンテンツだったりもして
リンクを張るのは当然ながら
ウィジェットで表示しておくなんてのが
親切な見せ方かもしれぬ

手前味噌ばかりでなんだが
自分の場合は登録だけしてても
Instagram、Pinterest、Tumbler、etc.etc.は
もう更新予定が無いので
これらもリンクからは外してて
Twitterのウィジェットだけを表示してるので
結局、SNSのロゴマークを
1つもサイト内に表示してなかった
(今時、ありえん仕様だなw)

これがクリエイターサイトともなれば
コンテンツありきでも売買が絡む場合には
個人のSNSなんかも必須になるのは
SNSで人となりがわかれば
購買意欲にも繋がるからだろうし
単に信頼おけるかどうかの目安になるので
わかり易く表示する必要はあるだろうと
ちゃんと対応を考えてはいた

SNSを提供してる各社には
ブランドリソースなるページが必ずあって
ロゴ画像ファイルが入ってる圧縮フォルダ(zip)を
ダウンロードして使用するコトができるので
ブランドリソースのページがどこにあるか
予め探しておいたのだ

Facebook
https://ja.facebookbrand.com/assets/%E3%80%8Cf%E3%80%8D%E3%83%AD%E3%82%B4/?audience=landing

Instagram
https://en.instagram-brand.com/assets/icons

Twitter
https://about.twitter.com/ja/company/brand-resources.html

これらをダウンロードして
改変せず使用するのを各社が推奨してるのは
ブランドイメージがあるので
それを勝手に変えて使われてしまうコトで
イメージが損なわれるのを防ぎたいからだろう

色番号とか余白にまで細やかに規定があって
それを順守して使わせてもらうのだが
だからWordPressのプラグインで使われてるロゴも
そうした正規の画像だと思われ

実際、WordPressのプラグインで
簡単にウィジェットで設置できたので
それですっかり満足して
自信満々で依頼者に作業完了を告げると
意外な返事・・・!

「色はグレーにしてください」とな?!

さすがクリエイターさんは発想が自由なのだ^^;

ブランドロゴには規定があるるる~
との説明はしたものの
作品以外をモノトーンでまとめたいって
サイトのコンセプトがあって
ぶっちゃけ、SNSを提供してる各社のブランドイメージより
自身のサイトの全体イメージの方が大切
というコトなのだろうな^^

自分には微塵も無い発想だったので
感心しながらロゴ画像を内緒で加工してみた
(って、ブログに書いたら内緒でなくなったがw)

これをサーバにアップして
カスタムHTMLウィジェットから呼び出すと・・・

こんな風に表示された

OKが出たのでこれで行こうォゥ( -∀-)/

先日、テストページの段階では
とりあえずのカンジで
日毎の写真が入ってるディレクトリ内の
画像(のサムネイル)を一覧表示させてみた

しかし
実際問題として
撮影日時の分だけページを作るなんて
つまり月に10ページだとしても
1年間で120ページも作るとしたら
ほぼコピペするにしても
それはメンドウに思えてきて
やめたw

そしてディレクトリの仕分け単位を
日毎から月毎に変更したが
それでも丸2年で24ページも作らねばで
コピペ率を最大限にしてみた

換言すれば
コピペして作った新しいページには
西暦年の数字4文字と月を表す数字2文字の
2ヵ所だけ書き換えればよくした

以下がそのページのソース

<?php
$url = ("https://asena.site/hachikuma/");
$year = "2018";
$month = "05";
$ym = "$year/$month/";
$dir = ("/~絶対パス~/hachikuma/");
include("header.inc");
?>
<h3><i class="fas fa-camera"></i> <?=$year?>年<?=$month?>月の写真 <i class="fas fa-camera"></i></h3>
<table>
<?php
// 画像ファイルの場所
$dir = dir("$dir$ym");
$url = ("$url$ym");
// 指定場所の画像を一覧表示
while ($gazo = $dir->read()){
    $path = $dir->path . "/" . $gazo;
    if (@exif_imagetype($path)){
        echo "<tr><td><a href=\"$url" . $gazo . "\" target=\"_blank\"><img src=\"$url" . $gazo . "\" title=\"$gazo\" width=\"100%\"></a></td></tr>";
    }
}
$dir->close();
?>
</table>
<?php
include("sidebar.inc");
include("footer.inc");
?>

これでページを丸っとコピペして
3行目に西暦年、4行目に月を入力するだけで
月毎の画像一覧が生成されるるる~

「はちとくま」サイトの
トップページ
のサイドバーから
各月の写真一覧ページにリンクした♪

これからはデバイスからPCに
写真を取り出して
適宜、リネーム&リサイズ等をしたら
あとは撮影日時に従って
サーバのディレクトリにアップするだけで
勝手に一覧表示してくれるるる~

もちろん、既にアップされてる写真は
WEBページで確認できるので
ダブってアップするコトもなくなり
凄い便利になった!

リンク一覧も
サイドバーにあるので
同じファイルをincludeで表示してて
(ヘッダーやフッターもだけど)
新しいページを追加する際に
書き加えるリンク先も
サイドバーのファイルへの一行のみ

手動で更新する方法の中で
最もらくちんにできたと思われ^^

各ページへのリンク先一覧は
カレンダー表示の仕様にするはずだったけど・・・

当てにしてたプログラムがエラー出まくりで
結局、まともに動かなかったから
これで落ち着いてよかった

と、思う反面
エラーに対処しきれなかったのは
そこまでの実力が無かったってコトなので
悔しい!

このままにはせず
これを機にPHP7を習得しよう!!

そもそも苦手というか
イマイチわかってなかった部分を
これまではその場凌ぎでなんとかしてきたけど
それじゃダメなんだよな、本トは・・・

「思うように出来て、ちゃんと動いた」で終わらせず
セキュリティとかもしっかりやりたいね

猫の兄妹はち♂とくま♀

5月10日が誕生日なので
もうすぐ2歳で
人間では23~24歳に該当するらすぃ

毎月、少なくとも30枚以上は写真を撮ってて
ヨユーで1,000枚以上はあるだろうが
動画も結構、録ってるので
デジカメもタブレットもスマホも
容量がいっぱいいっぱい・・・バタリ ゙〓■●゙

これを全てサーバにアップして
カレンダー形式のアルバムを
作成しようかと・・・

まずは以下にトップページを作成

https://asena.site/hachikuma/

もうすぐ令和だってのに
相も変わらず昭和ファンシーなデザインw

構成はトップページから
日毎のページが開く仕組み

まずはローカルで写真の整理

西暦年→月毎→日毎の
3階層のディレクトリを作成

画像ファイル名を全て
日付8ケタ+01~99の名前に変更して
上記の各ディレクトリに収納

以上をサーバにアップして
高さ150pxのサムネイル画像を
一覧表示できるかテストしてみた

// 画像ファイルの場所
$dir170624 = dir("/~絶対パス~/hachikuma/2017/06/24/");
$url170624 = ("https://asena.site/hachikuma/2017/06/24/");

// 指定場所の全画像表示
while ($gazo = $dir170624->read()){
    $path = $dir170624->path . "/" . $gazo;
    if (@exif_imagetype($path)){
        echo "<a href=\"$url170624" . $gazo . "\" target=\"_blank\"><img src=\"$url170624" . $gazo . "\" height=\"150\" title=\"$gazo\"></a>";
    }
}

$dir170624->close();

できた^^