コンテンツへスキップ

個人サイトの作成に必要最低限の要素って
一昔前までは以下のようなモノだった

  • タイトル
  • キャッチコピー
  • トップ画像
  • ロゴ画像
  • プロフィールページ
  • メニュー別コンテンツページ

そもそもサイトを作成するのは
メニュー別コンテンツページを作るのが目的なので
他の要素はそれに付随する情報でしかナイ

でもSNS全盛時代になってみれば
肝心のコンテンツが無くても
個人のSNSのまとめページのような作りで
成り立つようになった気がするるる~

まあかく言う自分もそうしてる一人だがねw

いや、自分のサイトの場合は
特異的なコンテンツのサイトがメインで
ググってヒットしたから見に来てるって人が多く
SNSで身内中心に宣伝したトコロで
一般的に誰もが読みたいような記事でもなく
個人サイトのトップページには
一応、Twitter(アメブロ更新情報)を表示してるが
SNSでのリアルな繋がりは
むしろ自分の趣味の世界とはかけ離れてるので
Facebookやmixiはリンクしておらず

とにかく個人ブログが一般的になる前は
個人サイトはコンテンツありきで
1ページづつコツコツ制作してって
ある程度の読み応えのあるページ数になってから
やっと公開して
以降、せっせとコンテンツを更新するのみだった

でも今はコンテンツ中心のブログもあるが
個人の日記的ブログになってるので
もれなく特異的な単語が含まれてナイ記事には
ググってヒットするワケもなく
そうなると宣伝のためのSNSは必須だし
Instagramなんかは
それ自体がメインコンテンツだったりもして
リンクを張るのは当然ながら
ウィジェットで表示しておくなんてのが
親切な見せ方かもしれぬ

手前味噌ばかりでなんだが
自分の場合は登録だけしてても
Instagram、Pinterest、Tumbler、etc.etc.は
もう更新予定が無いので
これらもリンクからは外してて
Twitterのウィジェットだけを表示してるので
結局、SNSのロゴマークを
1つもサイト内に表示してなかった
(今時、ありえん仕様だなw)

これがクリエイターサイトともなれば
コンテンツありきでも売買が絡む場合には
個人のSNSなんかも必須になるのは
SNSで人となりがわかれば
購買意欲にも繋がるからだろうし
単に信頼おけるかどうかの目安になるので
わかり易く表示する必要はあるだろうと
ちゃんと対応を考えてはいた

SNSを提供してる各社には
ブランドリソースなるページが必ずあって
ロゴ画像ファイルが入ってる圧縮フォルダ(zip)を
ダウンロードして使用するコトができるので
ブランドリソースのページがどこにあるか
予め探しておいたのだ

Facebook
https://ja.facebookbrand.com/assets/%E3%80%8Cf%E3%80%8D%E3%83%AD%E3%82%B4/?audience=landing

Instagram
https://en.instagram-brand.com/assets/icons

Twitter
https://about.twitter.com/ja/company/brand-resources.html

これらをダウンロードして
改変せず使用するのを各社が推奨してるのは
ブランドイメージがあるので
それを勝手に変えて使われてしまうコトで
イメージが損なわれるのを防ぎたいからだろう

色番号とか余白にまで細やかに規定があって
それを順守して使わせてもらうのだが
だからWordPressのプラグインで使われてるロゴも
そうした正規の画像だと思われ

実際、WordPressのプラグインで
簡単にウィジェットで設置できたので
それですっかり満足して
自信満々で依頼者に作業完了を告げると
意外な返事・・・!

「色はグレーにしてください」とな?!

さすがクリエイターさんは発想が自由なのだ^^;

ブランドロゴには規定があるるる~
との説明はしたものの
作品以外をモノトーンでまとめたいって
サイトのコンセプトがあって
ぶっちゃけ、SNSを提供してる各社のブランドイメージより
自身のサイトの全体イメージの方が大切
というコトなのだろうな^^

自分には微塵も無い発想だったので
感心しながらロゴ画像を内緒で加工してみた
(って、ブログに書いたら内緒でなくなったがw)

これをサーバにアップして
カスタムHTMLウィジェットから呼び出すと・・・

こんな風に表示された

OKが出たのでこれで行こうォゥ( -∀-)/