コンテンツへスキップ

MySQLから取得したデータをHTMLで表示

今回、PHPを学び直したいと思った
1番の理由を突き詰めると
実はPHP5とPHP7の違いってより
これまではPEARライブラリを活用してたのが
これから使ってく自信を失ったせいだ

今年になっていきなり
GIGAZINEの記事で良からぬニュースを読んで・・・

PHPライブラリサービスの「PEAR」でセキュリティ侵害が見つかる

その後どうなったのかと気になってたら
下記の記事が決定打となって・・・

PHP7.4ではPEARがインストールされなくなる

PEARとの決別を決心!

そもそもサーバのPHPを5→7にしたら
それまで表示されてたモノが
空白になってしまったのが発端で
それと言うのもどうやら
MySQLからデータを拾ってこれなくなったようで
その時点でPEARを使い続けるかどうか
既に答えは限りなくNOに近かったのだがね

そういうワケで
MySQLからデータを拾ってくるのに
PEARを使わずにやるってのが
1つ目の課題

WordPressからアップした以下の投稿の本文を・・・

人間は考える葦である

別サイトの次の該当ページに表示したいのだ

筑摩世界文学大系【13/19】デカルト パスカル

以下の書籍のP212~を参考に・・・

よくわかるPHPの教科書 PHP7対応版

まずはデータベース接続のための共通プログラム
dbconnect.phpを作成

<?php
try {
    $db = new PDO('mysql:dbname=データベース;host=接続先ホスト;charset=utf8', 'ユーザ名', 'パスワード');
} catch (PDOException $e) {
    echo 'DB接続エラー:'. $e->getMessage();
}
?>

WordPressの記事の
タイトル(post_title)と本文(post_content)は
同じ wp_post テーブルにあるので
そのテーブルの該当記事のIDを指定して
1行分のデータを取得して
表示するためにHTMLから呼び出す

<div class="wp">
<?php
    require('dbconnect.php');

    $contents = $db->query('SELECT * FROM wp_posts WHERE ID=1'); // ID指定
    $contents->execute();
    while ($row = $contents->fetch()) { // 1行分のデータ取得
?>

<h4><?=$row['post_title']?></h4>
<div class="wp_post"><?=$row['post_content']?></div>

<?php
    }
?>
</div>

WordPressの記事がHTML内に表示された♪

こんな簡単でいんだ?!

なんだ、PEARなんか全然必要なくね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です